忍者ブログ

各務原市ふるさと福祉村

岐阜県各務原市(かかみがはらし)で活動する「地域福祉活動組織」です。定期的に意見交換交流会を開催し、医療・福祉の情報誌発行を行っています。

9月23日(祝)の講演会① ご案内


岐阜県の多職種連携人材養成事業とは。。。



 在宅療養支援の観点から医師、看護師、薬剤師、栄養士、歯科衛生士、介護福祉士等の多職種の方を対象に各々の役割を理解し、共通の認識を持ち、実践能力を向上させ、協働して在宅療養を支援することを目的としています。


詳細はチラシをご覧ください。  ⇒ ダウンロード
第一回の講演会において多職種の方々に一堂に集まっていただき、地域毎にグループを作り、一緒に作業をしていくことで、顔と顔のつながりを持ってもらい、一つの仲間(チーム)となってもらおうと考えています。福祉村が今回の講演会とグループワークを通して一番の目的とすることは、地域のインフォーマルな活動をしている市民や、民生委員と医療・福祉の専門職の皆さんが関わり合い交流する場を作る事です。今後の認知症800万人時代をどう迎えていくのか、みんなでできることを考えていく場を作っていこうと思っています。



 



第一回で、顔つなぎができたところで、、、第二回(11/24)では、認知症の方が安心して最後まで地域で暮らせるためには具体的に何が必要なのかを考えていきます。



その一つのツールとして認知症ケアパスを参考に福祉村独自のケアマップを作りあげ、現場に生かして頂けたらと考えています。


 



このケアマップについては、、、
たとえば、民生委員が地域の認知症か認知症じゃないか分からない段階の人を地域で見守りながら、その症状が出てきたときに、どういう社会資源があり、いつ、だれがどういった支援をしてサービスを使っていくのかが、わかっていると活用していけるのではないか、その人が地域で重度化していき、最期、在宅で看取りを行うまで、どういった経過を辿るかイメージしながらマッピングしていく。その作業を通して具体的にどのタイミングで誰がどのように支援していくのか目に見える形で作り上げていくのがいいのではないかと考えています。



 



福祉村としての今後の活動としても、今回の事業が終了したあとに、出来上がったケアパスを使って、民生委員や一般市民をターゲットにしてグループワークは継続していけるといいと考えています。

参加ご希望の方は
講演会②の記事へ


拍手[1回]

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 各務原市ふるさと福祉村 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR
サイバーエージェントFX口コミ