忍者ブログ

各務原市ふるさと福祉村

岐阜県各務原市(かかみがはらし)で活動する「地域福祉活動組織」です。定期的に意見交換交流会を開催し、医療・福祉の情報誌発行を行っています。

第26回 アンケート集計結果

各務原ふるさと福祉村 参加者アンケート調査票 結果
日時:平成30年12月8日(土)13:30~15:30 場所:各務原市福祉会館3階」集会室 参加人員:50名
参加者の住所:那加地区:3 稲羽地区:1 鵜沼地区:7 蘇原地区:7 その他:3
参加者の年齢:20代:3 30代:1 40代:6 50代:3 60代:5 70代:3 80代:3
参加者の職業:医師:3 歯科医:1 看護師:3 介護福祉士:1 社会福祉士:1 ケアマネ:4 民生委員:12 
       その他:薬剤師、PT、障がい者、無職3 学生3
質問1 1部、2部の内容について
理解できた:16 やや理解できた:5 普通:1やや理解できなかった:0 理解できなかった:0
その理由:・親から「折角丈夫に生んでやったのに」と言われたことが今回初めて理解できました。・支援、格差(地域)連絡不足・実際に介護している方、介護した方のお話を聞いたことで、現状んでの介護の大変さ,療養者本人の思い(家で最期を迎えたい)という希望に答えない理由が明らかになった。在宅の看病について大きな壁を感じた。・障害を持って生活をすると障害に対する世間の認識、それを見守る家族の他人からの感じる印象など、困難と優しさの両面から得られた生きることの多様性を感じることができた。在宅での看取りに関して、介護者となる家族は、身内だからこそ聞ける話もあるが、感情をぶっつけてしまうこともある。療養者にあった体制は整ってはいないが、夜間対応など家族の要望にそっサービスが必要と改めて感じた。・友人の難聴の方がいます、補聴器を使用していたが大きな声で話したら聞こえると思いこんでおり、大声で話しかけたていたが聞き取れないこともあるようで、なぜ、補聴器をつけているのに?と思っていたが、今回の話を聞いてはっきりと言葉として聞き取れていないことが分かった。・参考になった・以前他の場所で聴覚障害の話など通じるものがある。何回も聞くことが大事だと感じた。・私も恩返しをしていきたいと思いました。お話は心が揺さぶられました、聞いていて涙が出ました。・子育ては親だけではない、地域の中の人と理解しあうことで辛いことも越えて行けるものだと思いました。・丁寧な話だったので。・やはり、子育ては重要であるが大変である。障がいを持って生まれてきても決して諦めることなく見守っていく、話しかけていく。親がギブアップしてはダメ、最後は全て幸せになるのでと思いがある。・終活の考えは皆違う。・心の問題が在宅介護と共通する部分がある。裕貴、輝きなどお話は心に残りました。・聴覚障がいを乗り越えて今日がある講師の方には感動しました。

質問2 今後、受講してみたい研修テーマ・内容があれば授乳してください。
回答:・福祉の方が求めている情報、情報はどうすれば適切に手に入れることができるのか。・介護・今日のような体験を通したお話を聞きたい。・お年寄りの呼び出し(診療時)の声が早口で聞きづらい。・福祉関係のネットワーク等の構築についての課題は。・在宅サービスについて。・在宅医療について(Dr本人からのお話)

質問3.地域に於いて在宅医療が一層充実する為に必要と考えられる項目を3つお選び下さい。
① 地域の医師の在宅医療に対する理解の向上 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  6
② 在宅医療従事者の人材育成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  8
③ 24 時間体制に協力可能な医師の存在 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   7
④ 24 時間体制の訪問看護ステーションの存在  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   3
⑤ 緊急時の入院・入所等の受入れのための病床確保 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  2
⑥ 地域の介護・保健・福祉サービスの充実  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  9
⑦ 入院患者が円滑に在宅移行できるような病院の取り組み ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  6
⑧ 連絡協議会や在宅研修会など、地域の多職種多機関の連携促進の場を増やす ・・・・・・・・・・・・・・・  3
⑨ 在宅医療支援診療所を運営して行くための相談窓口・支援体制 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  4
⑩ 診療報酬上の評価 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  2
⑪ 地域の在宅医療を正しく理解するために実施する住民への普及啓発 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  7
⑫ 地域の社会資源 (例:ふるさと福祉村等インフォーマルな活動団体やサービス) 活用し充実する ・・・・・  6
⑬ その他(               )・・・・・・・・・・・・・  0
質問4.日頃から感じている地域における課題、在宅医療の充実に向けた取り組みに関する事。
    また、ふるさと福祉村に対するご意見、ご要望等も自由に記載してください。
・いつもご苦労様です。今後ともよろしくお願いします。・近隣の触れ合いが困難、個人情報取り扱いに苦慮する。日ごろから声掛けが大切で、まずお互い挨拶を交わすことから始めよう。現状の自治会活動は低迷している現状であると思いますので、一端、自治会をゼロに戻してみてはいかがでしょうか?・初めて参加しましたが、自由な雰囲気で交流できたのがよかったと、また参加します。・アドバンスケア プランニング・介護で大変な方々に対してどう言ったことで協力できないものか。現実に可能な体制なのかを検討したいと思いました。

ご協力をありがとうございました。

拍手[1回]

第26回意見交換交流会

内容 各務原市ふるさと福祉村「第26回意見交換交流会」
日時:平成30年12月8日 土曜日 13:30~
場所:各務原市総合福祉会館 3階 集会場

テーマ:「家族」を考える ~快適な生活から終活へ~

1部 生まれつきの障がい児を育てた親としての報告
 報告者:村上知枝美 さん フリューゲル音楽教室主宰 音楽療法士
2部 テーブルカフェー
   ・子ども「生まれる」「育つ」
   ・障がい児「生きる」「働く」
   ・高齢者「終活」「看取り」
    医療・介護の専門職と会場の参加者を交えテーブル毎に検討会
*在宅医療連携、地域の在宅医療の現状についての検討会



拍手[0回]

各務原市ふるさと福祉村 アンケート集計結果

第25回 意見交換交流会 アンケート結果
(各地区毎の集計です)


ダウンロード

拍手[1回]

各務原市ふるさと福祉村24号

各務原市ふるさと福祉村24号







拍手[0回]

Copyright © 各務原市ふるさと福祉村 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR
サイバーエージェントFX口コミ