忍者ブログ

各務原市ふるさと福祉村

岐阜県各務原市(かかみがはらし)で活動する「地域福祉活動組織」です。定期的に意見交換交流会を開催し、医療・福祉の情報誌発行を行っています。

第20回 意見交換交流会 シンポジウムについて

12月19日 市図書館4階で岐阜県多職種人材養成事業の一環として「第20回意見交換交流会」が
開催されます。

講演会と市民公開シンポジュム:
「ふるさと再生」 ~江戸の福祉に学ぶ心~ 山内あやり氏
講演後に「あたりまえだけど、大切なこと」としてシンポジウムを開きます。

認知症になった、自分だったらどうしますか。
認知症になったら?家族への係り方など。を皆さんと一緒に考えてみましょう。

シンポジュムの進め方。
1.自分が認知症になったら、どうしますか?
2.お世話をされる側になったら、どうしますか?
3.終末期を迎え、どうしますか?

*福祉の専門家が、経験をもとに「自分だったら、家族に・・・?」
 人間としての在り方など多職種連携を学んでいただきます。また、アンケートには、
 パネラーと同じ質問をされたと仮定して、答えを記入していただきます。


コーディネーター: 二宮 保典  ふくし村 村長

  医療ソーシャルワーカー 高田 佳代氏 東海中央病院

  介護予防 専門理学療法士 岸本 泰樹氏 各務原リハビリティーション病院

  訪問介護 さーびす提供介護福祉士 森下 裕之氏 あっとほうむ

  ケアマネジャー 原田 英明氏 つつじ苑

  演者 山内 あやり氏 日本江戸しぐさ協会 代表理事 伝承普及員




拍手[2回]

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 各務原市ふるさと福祉村 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR
サイバーエージェントFX口コミ