忍者ブログ

各務原市ふるさと福祉村

岐阜県各務原市(かかみがはらし)で活動する「地域福祉活動組織」です。定期的に意見交換交流会を開催し、医療・福祉の情報誌発行を行っています。

第20回 意見交換交流会 シンポジウムについて

12月19日 市図書館4階で岐阜県多職種人材養成事業の一環として「第20回意見交換交流会」が
開催されます。

講演会と市民公開シンポジュム:
「ふるさと再生」 ~江戸の福祉に学ぶ心~ 山内あやり氏
講演後に「あたりまえだけど、大切なこと」としてシンポジウムを開きます。

認知症になった、自分だったらどうしますか。
認知症になったら?家族への係り方など。を皆さんと一緒に考えてみましょう。

シンポジュムの進め方。
1.自分が認知症になったら、どうしますか?
2.お世話をされる側になったら、どうしますか?
3.終末期を迎え、どうしますか?

*福祉の専門家が、経験をもとに「自分だったら、家族に・・・?」
 人間としての在り方など多職種連携を学んでいただきます。また、アンケートには、
 パネラーと同じ質問をされたと仮定して、答えを記入していただきます。


コーディネーター: 二宮 保典  ふくし村 村長

  医療ソーシャルワーカー 高田 佳代氏 東海中央病院

  介護予防 専門理学療法士 岸本 泰樹氏 各務原リハビリティーション病院

  訪問介護 さーびす提供介護福祉士 森下 裕之氏 あっとほうむ

  ケアマネジャー 原田 英明氏 つつじ苑

  演者 山内 あやり氏 日本江戸しぐさ協会 代表理事 伝承普及員




拍手[2回]

第20回意見交流会

第20回 意見交換交流会 開催の案内
入場は無料です、先着80名の方には勇美財団カレンダープレゼント!
日時:12月19日(土) 13:30~
場所:市図書館 4階多目的ホール

今回の意見交換交流会は、講演を聞いてから福祉村の村長さんと山内あやりさんのシンポジウムを通じ、多職種連携と地域のチーム医療の役割などを探り、在宅医療についても学んで頂きます





拍手[2回]

第19回意見交換交換交流会 報告

11月7日(土)市総合福祉会館 集会室 13:00スタート
講師:宮崎大学医学部 吉村 学教授
ワールド・カフェ~多職種から学ぶ~

アイスブレーク「新聞紙を使ったワッパ数つくりの競走」からスタート、最初はぎこちなかった各テーブルも、お互い各テーブルのヒントも加わり。二回目は作成数が大幅アップのテーブルも。
お互いの協力体制ができた処で、各テーブル毎のテーマでの話し合いが始まる。
途中テーブルとメンバーシャフルをしながらの話し合いが続く。
今回も「抹茶」の出演もあり、本格的お点前でのサービスで、初対面でもリラックスし気楽に対話が楽しめたと大好評でした。


第19回福祉村意見交流会模様1


第19回福祉村意見交流会模様2

拍手[1回]

各務原市ふるさと福祉村情報誌 16号

各務原市ふるさと福祉村情報誌16号ができました。
もうすぐ皆様のお手元に届くと思います。
先にブログで公開します。

江戸しぐさの画像が読めないので、お手元に届き次第ご確認ください。









拍手[0回]

Copyright © 各務原市ふるさと福祉村 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
PR
サイバーエージェントFX口コミ